スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第18回 西日本リハビリテーション学院同窓会学術集会 

平成25年8月11日(日) 講師に鹿児島大学病院 霧島リハビリテーションセンターで理学療法士の上間智博先生をお招きし、脳卒中方麻痺への運動療法について~促通反復療法の理論と実技~というテーマで講義を開催いたしました。
 講義の内容は、健側での代償によりADL維持を図っていた片麻痺治療ではなく、麻痺側へのフォローにより麻痺の回復を促進するという新たな治療法です。麻痺側の必要な神経回路にピンポイントで刺激を伝え、根気強く繰り返すことで、神経回路の再建及び強化を図り、目標とする動作を誘発するものです。
 講義では、実技を組み込み、参加者に対して丁寧に指導してくださいました。今回は基礎的なところでの学習であり、まだまだ学ぶべきことが、とても多く感じました。
 ですが・・・麻痺を呈した患者様にとって、新たな兆しのみえる治療法ではないかと思います。

第18回 西日本リハビリテーション学院同窓会学術集会01
第18回 西日本リハビリテーション学院同窓会学術集会02
第18回 西日本リハビリテーション学院同窓会学術集会03
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nishiriha.blog115.fc2.com/tb.php/29-04872ed4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。